トータルプロデュース モコ 遺品整理と特殊清掃 トータルプロデュース モコ 
0120-978-491

トータルプロデュース モコ ブログ

2018.04.10ごみ減量化作戦は何の意味があるのか?

カテゴリ:遺品整理士

0


おはよございます。


今朝のブログは、ごみ減量化問題を取り上げたいと思います。
ただ、今回のブログはごみ減量化の批判目的ではなく
私個人の素朴な疑問と書いた方が皆様には分かりやすいと
思います。

今回のごみ問題を書こうと思った切っ掛けは
某市長選挙の立候補者の公約を見て時間が有る時に
このごみ減量化の事を書こうと思っていました。

この立候補者が公約に掲げていたのが、ごみ指定袋の廃止でした。
よく耳にするのがごみ減量化の為指定袋にすると言う行政が
多く見受けられます。

果たしてごみ指定袋にするとごみが減るのでしょうか?
私は今だもって疑問に思います。

ごみ袋を指定にするだけではごみの減量化は計れ無いと
思っています。
指定袋にする意図は、ごみ有料化にする方向の第一歩では
ないのかな~と思う。

ごみ減量化が何も悪いと言っているわけではありませんが
世の中、ごみ減量化へと進んでいてごみが多いと悪い
風潮があります。

果たしてごみが多いと悪い事なのでしょうか?
ごみも立派な資源でもあるし大きなエネルギーの一つでも
あると言う事を現時点では、国も行政も気づいていないのかな~

何を言ってるんだ~
ごみが資源?
そんなの分かってるよ^^
ごみがエネルギー?

と、思ってる方も少なくないのではないでしょうか?

私はごみ減量化は別に反対も賛成でもありません。
人が暮らす時にはどうしてもごみは出ます。
この出るごみをどの様に処理をするのまた、資源として
活用するのかが問題だと思っています。

ごみ袋を有料化してごみの分別を細かく分けて
ごみの減量化を達成したとしても何の解決にもならないと
思っています。

このごみの分別を細かくする事によりより
ごみがかえって混ざる原因を生んでいる様に思う

また、この先人口減少するのだからごみも減るだろうと安易な
考えを持っている人も要ると思いますが、私はこの考えにも
疑問を持っています。

逆に人口が減少する時ほどごみが増えるのだと言いたい。
今まで、もったいない、もったいないと物を捨てれ無い
年代の方々が減少すると言う事は、今まで捨てられずにいた
物が大量に捨てられるのでごみが増えると思う。

この事を見ると、この先30年間はごみが増え続けるのでは
ないでしょうか?
せっかく増えるごみをただただ、従来の方法の処理の仕方で
本当に良いのでしょうか?

私はもったいないと日々痛感しています。
私が思うごみ利用をすれば、脱原発は難しくないと思うし
また、各行政のごみ処理問題の一気に解決に繋がると思う。

その方法は、今、全国でバイオ燃料発電所が稼働しています。
このバイオ発電所同様に全国には広域事務組合管轄の
ごみ焼却施設がかなりの数があります。

毎日、大量のごみを焼却処分しています。
一部の熱エネルギーは♨や温水プールなどの施設に利用されて
いますが、ほとんどのエネルギーは無駄に放出されていると
思います。

このごみ焼却エネルギーを利用しタービンを回し発電して
電気と言うエネルギーを売却しその利益をごみ処分費用にあてたら
各行政の負担軽減に繋がるのではないでしょうか?

また、埋立処分場と言う場所に埋めて処分をしている
ごみも少なくないのが現状です。
この埋立に持ち込まれるごみの中にもエネルギーに
変えられるごみもあるかもしれません。

原状行われているごみ処分の方法を考えなおす事が
この先、大きなエネルギー資源の鉱脈を掘り当てる
事と同じくらいの価値がある様な気が私はしています。

都市鉱山と言う言葉もある通り大都市には沢山の資源が
捨てられています。

いつの日か、ゴミ処理場がエネルギーを生む施設となる日が
来る事を願います。

ごみがエネルギーに代われば膨大な資産が生まれ
行政も潤い市民サービスの向上にもつながると思いますよ^^

ま~あ、私みたいなど素人が考えつくのだから
もう、行政でも考えていると思いますがね(笑)

ほ~んとに歯がゆいですよね^^
この歯がゆい事が世の中には沢山あると思います^^
また、時間でも有る時に書いてみたいと思います。


青森県 ブログランキングへ


秋田県 ブログランキングへ


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

コメント


お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください
この記事の担当:花輪 隆俊

戦う特殊清掃士達のブログへようこそ!!
トータルプロデュース モコは青森県、岩手県、秋田県をはじめとする
東北6県において特殊清掃や遺品整理をおこなっています。
故人様やご依頼者様の心情を考えあえて悲惨な現場写真などは
ひかえつつ現代社会の闇と戦う特殊清掃士達の日々の業務を
ご紹介しています。
東北地方でも私共独自の消臭技術で孤独死などで住宅に染みついた
悪臭を完全消臭する技術で東北各地からご依頼を頂いています。
プライバシーを配慮し(故人様)日々の活動をブログで配信しています。
また、お困り事はお気軽にご相談ください。

バックナンバー

ページのトップへ戻る
お問い合わせ