トータルプロデュース モコ 遺品整理と特殊清掃 トータルプロデュース モコ 
0120-978-491

トータルプロデュース モコ ブログ

2018.04.22初MRIと初手続き

カテゴリ:花輪智歌子のブログ

0

さて、昨日は初MRIに入ってきました。

右手小指の粉砕骨折はレントゲンで写ったのですが、

第一関節と第二関節の間が写らなかった為MRIに入る事になりました。

私のイメージではドームの中を行ったり来たりして

すぐ終わるもんだと思っていました。

ところが、検査服に着替え台に乗ると

よくテレビで見るドームのちっちゃいドームを看護師さんが持って来て

右手を入れました。

「花輪さんは小指だからね」

なるほどです。

そして左手にゴム風船のようなものを握らせて

「具合がわるくなったら握ってね、なるべく動かないでね、試しに握ってみて」

「ジリジリジリ♬」(あー万一の時のおしらせね!)

ほどなくして、クラシックが流れてきました。

グーン、ゴトッゴトッ

まあ、耳元で機械の音がするものの

いつの間にか眠っていたようです。

動かないでねと言われていたので

ほぼほぼ直立不動の横パターンだったので

腰が痛くなって目が覚めました。

「え?腰が痛くなるってどのくらい時間たったんだろ」

若干の不安を覚えましたが、じっとしていました。

結果的に1時間弱かかったんですが

「はあ~い、終わりぃ」

起き上がろとしても起き上がれなくて、一度横向きになり

やっと起き上がりましたが、台から降りても

足が動かずよろよろとしていました。

「小指の先だったから、なかなか難しくて時間かかってごめんね」

そこで我に返り

「4時に見積なんです。間に合いますか?」

もうそこからは、看護師さんも先生も猛ダッシュです。
 
MRIの画像を見ながら、先生の説明を受けました。

骨折だけではなく、裂傷もあったためその傷口から膿なども出ていたので

「乾燥してからではないとギプスはできないから明日来て」

「先生、無理です。日曜日からも現場だし、次来れるとしたら来月です。」

先生は

「花輪さん、仕事忙しいのもわかるけど、そんな悠長な事言える状態じゃなんだよ

明日何とかしてきてくださいね」

先生や看護師さんとのやり取りはもっともっとあるんですが・・・

私が遺品整理の仕事をしてる事、今やっている現場は孤独死の現場である事

次の現場もなかなかだという事すべてを理解してくれて

最短時間で対応してくれると言ってくれました。

実際、診察も待っている患者さんがいても

優先して呼んでくれたりしてくれました。

というわけで、土曜日の御仏壇引き取り後病院へ行き

無事ギプス装着しました。

そのギプスも私の状態ではもっとがっつりやらなければならないのですが

仕事ができるように、それでいて早く治るようにと吟味してくれました。

本当に感謝感謝です。
その他、今回は仕事中という事で

「労災」の手続きというものを初めてしました。

労働災害 様式5号というものを2枚記入し、病院と薬局へ提出しました。

確かに、仕事中とはいえ自分の不注意なのになと思いながら

でも、これから万一スタッフがけがをした場合など

迅速に書類を作成するいい勉強になるかなと思いました。

もちろん、けがや事故が無いようにする事が第一ですが

万一は本当に万に一つでいつやってくるのかわかりません。

結果的には怪我をしたのが私で良かったと思っています。

家族には負担はかけてしまいますが、

社長やスタッフでなくて本当に良かったと

思っています。

痛い思いをしましたが、

注意に注意をしていたつもりでも

自分への過信が招いた怪我です。

そのおかげで労災の手続きを覚えた事を

しっかりと心に刻んで

明日からの業務に臨みたいと思います。


青森県 ブログランキングへ


秋田県 ブログランキングへ


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

コメント


お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください
この記事の担当:花輪 智歌子

特定遺品整理士・特殊清掃士としての責務・品格をしっかり全うしていきたいと思っています。
仕事には妥協は許されないと考えています。
自然葬アドバイザー・身上監護アドバイザー・少額短期保険募集人の資格も取得しております。

バックナンバー

ページのトップへ戻る
お問い合わせ