トータルプロデュース モコ 遺品整理と特殊清掃 トータルプロデュース モコ 
0120-978-491

トータルプロデュース モコ ブログ

2015.04.01実家を片づける方法と基礎知識 その4

カテゴリ:遺品整理士

0


おはようございます。

本日の青森市内の朝は久しぶりに雨が降っています。

スギ花粉症の私にとって少しは症状がかるい一日に

なれば嬉しいです。

皆さんのお住いの地域はいかがでしょうか?

さて、実家を片付けるも4回目になりました。

今日からは実践にて役立つコツなどをご紹介したいと思います。

まず、はごみには簡単に分けると不燃・可燃・粗大と

大きく分けるとこの3種類になります。

では、机の中や周りを必要な物と処分する物を

分ける時のコツをご紹介します。

まず机を例にしましょう。

この机の中の仕分けが手間がかかります。

なぜ、手間がかかるのかと言うとこの机の中は

大量の可燃と不燃がごちゃまぜになっているからです。

このごちゃまぜになっている机の中を整理するコツは

ごみ袋を3枚用意して下さい。

それとごみ箱一つです。

ごみ袋それぞれに役割を決めておきます。

例えば、一つ目の袋には可燃・二つ目には不燃・

三つ目には金物類・ゴミ箱には乾電池や電球と

言ったようにそれぞれに役割を決め作業します。

こうする事により慣れてくると物を見た瞬間に

必要・不必要の判断ができ、次に可燃不燃金物と

瞬時に判断が出来て、手元にあるそれぞれの役割の

袋へと整理がつくようになります。

私はこの順番を必ず決めています。

私は一番左が不燃で真ん中が可燃で右に金物

その隣が電池類と言ったように並べて作業をします。

こうする事により体がどこに何があるのかが覚えている為

いちいち袋の有る手元を確認しなくてもすむ。

2度3度の無駄な確認の必要が無く、目視確認が

必要なくなるので作業が早くすみます。

この作業はどの場所にも応用がききます。

特に押入れなどは可燃しかないと思いこんでいる方も

非常に多いのですが押入れは不燃の宝庫の場合が

非常に多いです。

どんな物が多く出てくるかと言うと一般的には

使っていない食器類やコップ電化製品の空箱に

発泡スチロール等や廃家電等々です。

この押入れに手間取り半日かかったと言う方も

お客様からよく聞く話です。

自治体によっては小家電の電源コードを切ってから

出すと言う所もありますので確認が必要です。

あと、手間がかかる場所が台所ですね。

 

この台所には、生ごみをはじめ

可燃・不燃・粗大・危険物・資源ごみと

12~16ごみ分別のほとんどがここの台所にあります。

ほとんどの方が分別がめんどくさくなり可燃も不燃も

資源もごちゃまぜにする場所もここ台所です。

私達が整理の現場に訪れると台所だけは片付けたと言う

お客様も少なくないのですが、ごみ袋をのぞくと

可燃・不燃ごちゃまぜの場合がほとんどです。

結局そのままごみとして処分できないので袋を開け

仕分けし直します。

なぜ、ここまでしなければいけないのかと言うと

処分場にこのごみを搬入した時に処分場の職員に

チェックされちゃんと分別が出来ていない場合には

持ち帰りになり二度手間になると言う事と

処分場からの信頼が無くなるからです。

きちっと最寄りの行政の仕分けにそって

処分しなければなりません。

この仕分けが出来ない人は整理をしないでください。

可燃ごみにスプレー缶をまぜ捨ててごみ収集車が回収し

ごみ収集車のなかでそのスプレー缶が爆発しごみ収集車が

燃えると言う事故が毎年何十件も全国で起きています。

この青森市でも毎年1~2件は発生している事故です。

事故というより事件と言った方が良いのかもしれないです。

この様な事が有るのでごみの分別が重要なのです。

分別方法は自治体によって異なります。

田舎だから分別は簡単だろうとたかをくくってはいけませんよ。

都会より細かく分別が必要な自治体も少なくありません。

分別方法については最寄りの行政のホームページに

掲載されていますのでプリントアウトして事前に

分別を確認して覚えておく必要が有りますよ。

プロは全ての自治体の分別に従い処分しています。

莫大な税金が使われ建設された処分場です。

壊れたらまた私達の税金で建て替えられるのです。

分別を守り大切に使用したいと思いませんか?


 


青森県 ブログランキングへ


秋田県 ブログランキングへ


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

コメント


お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください
この記事の担当:花輪 隆俊

戦う特殊清掃士達のブログへようこそ!!
トータルプロデュース モコは青森県、岩手県、秋田県をはじめとする
東北6県において特殊清掃や遺品整理をおこなっています。
故人様やご依頼者様の心情を考えあえて悲惨な現場写真などは
ひかえつつ現代社会の闇と戦う特殊清掃士達の日々の業務を
ご紹介しています。
東北地方でも私共独自の消臭技術で孤独死などで住宅に染みついた
悪臭を完全消臭する技術で東北各地からご依頼を頂いています。
プライバシーを配慮し(故人様)日々の活動をブログで配信しています。
また、お困り事はお気軽にご相談ください。

バックナンバー

ページのトップへ戻る
お問い合わせ