トータルプロデュース モコ 遺品整理と特殊清掃 トータルプロデュース モコ 
0120-978-491

トータルプロデュース モコ ブログ

2018.01.30介護について

カテゴリ:花輪智歌子のブログ

0

さて、今日は介護について書きたいと思います。

介護をテーマにした番組が増えていますね。

「老老介護」「介護離職」「介護ストレス」など介護と一口に言っても

視点を変えれば色んな解釈や、色んな問題もあります。

実母(数年前に亡くなってしまいましたが・・・)の介護の際には

ケアマネジャーさんがとても良い方で

母には快適な毎日だったのではないかと思います。

(実際、身体が思うようにならなくなったので悲しい部分もあったとは思いますが)

その際に、ケアマネジャーさんから言われたことがあります。

「何でもかんでも、やってあげるのではなく

出来そうな事はやってもらう事、難しい事はちょっとだけお手伝いをする」でした。

その理由は、何でもやってしまうと体力も落ちる上に

気力まで衰えてしまうという事でした。

「もう自分は役立たずなんだ」と悲観してしまうという事です。

まだ、自分は必要とされているというやる気を持つことで

活き活きと生活できるという事でした。

「やる気」と失う事で、注意力・思考力も衰える可能性もあるそうです。

どうやら親の面倒を見るという事と過保護にするという事は

紙一重のようですね。
亡き母がお姑さんを看た時には

食事の準備が整うまでお客様の話相手をお願いしたそうです。

沢山の方々と話をする事で、身だしなみを整える努力や

新聞を見たりして話題を切らさないような努力をしていたと

聞いた事があります。

両親が自営業をしていたという事もあり、夕食の準備や

私が学校から戻る頃には、おやつを作ってくれていました。

ですから、私の記憶の中の祖母は「シャキッ」とした人でした。

まさに、過保護ではなくむしろ「頼りになる存在」というポジションだったのだと思います。

なかなか、そうもいかないというのも事実あると思いますが

母のような介護の仕方もあるんだなと感じています。

今は、同居したくてもできない事情もあったりでお一人で暮らさざるを得ない方も

多いと思います。

そういう場合でも、是非ご連絡だけでもこまめにお願いしたいと思います。
そして、どうかお一人で悩まずに相談をしてください。

今は、ケアマネジャーさんという知識のある方もたくさんいらっしゃいますし

ヘルパーさんの力を借りる事も良い事だと思います。

プライベートな事で非常にデリケートな部分でもあると思いますが

ちょっとでも力を借りる事で張り詰めた事から

解放されて笑顔が増える事もありますよ。

これは、あくまでも私の経験からですが・・・



 


青森県 ブログランキングへ


秋田県 ブログランキングへ


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

コメント


お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください
この記事の担当:花輪 智歌子

特定遺品整理士・特殊清掃士としての責務・品格をしっかり全うしていきたいと思っています。
仕事には妥協は許されないと考えています。
自然葬アドバイザー・身上監護アドバイザー・少額短期保険募集人の資格も取得しております。

バックナンバー

ページのトップへ戻る
お問い合わせ