トータルプロデュース モコ 遺品整理と特殊清掃 トータルプロデュース モコ 
0120-978-491

トータルプロデュース モコ ブログ

2019.03.08特殊清掃士が伝える  孤独死の恐れのある部屋に万が一に入室しなければならない時のポイント3をご紹介

カテゴリ:特殊清掃士が伝えるコラム

0


今回のコラムは、万が一孤独死しているかもしれない
お部屋にどうしても入室しなければならない時の
知っておきたいポイント3をご紹介致します。

今や多死社会の真っ只中です。
私達の住む日本では約3万人の方が誰にも看取られる事なく
お部屋でお亡くなりになられている孤独死や孤立死される方が
います。

発見される理由としては、新聞やダイレクトメールなどの
郵便物が溜まってる事に不審に思い配達員が警察や行政に通報
して発見されるケースや在宅介護職員が利用者さん宅を訪問し
異状を感じて各機関へ通報し発見されるケース

また、行政より身内に連絡が入り安否確認の為、入室して
発見するケース、家賃が滞納になっていて不動産管理会社の担当が
訪問し異常を察知して通報するなど様々な事例が報告されています。

そこで、どうしても入室しなければならない場合の注意点の
ポイントを今回ご紹介致します。

ここでは、あくまでもこれをしたから容疑者扱いされないと
いう事ではありませんので勘違いなさらない様に。
第一発見者=容疑者と言う目で警察は見られ捜査します。


ポイント1

入室する際の準備ですが、手袋やマスク足カバーなどが
あれば良いのですがもしなければ足カバーはコンビニの袋などの
ビニール袋を代用しても良いでしょう。
但し、ビニール袋の場合はとても滑るので注意が必要です。

マスクも無ければタオルやハンカチで鼻や口をおさえるのも
良いでしょう。

手袋も無ければ何かの布等で直接ドアノブなど触らない
ようにして入室する事が好ましいと私は考えています。

なぜ、この様な事をしなければならないのかと言いますと
万が一空気中に感染のリスクのある菌やウイルスが
浮遊していたらと言う想定です。

臭いがすると言う事は臭いの元を吸いこんでいるから
臭いを感じるわけですから腐敗の元が部屋中の空気に
浮遊していると言う事です。

これは大変危険なことなので本来なら入室を避けた方が
良いのですが、事情があれば仕方がないことですので
感染リスクを最小限に抑える為にも必要な装備品です。


ポイント2

ここでは、入室する際には極力お一人では入室しない事です。
万が一この部屋の住人が亡くなられていた場合には
あなたが第一発見者です。
要するに第一容疑者になるのです。

警察が事件なのか否かを捜査する上で第一発見者が第一容疑者として
疑います。
そこで、なぜ入室したのかと言う理由をご自身の中で
明確にして置く必要があります。
複数人で入室する際にも目的をハッキリさせてから
入室した方が良いでしょう。
この入室理由がコロコロ変わるようであれば不審に思われ
疑がわれます。

なので入室理由を明確にして置く必要があります。

次にお一人では入室しない。
できれば複数人で入室をする。
その際には、入室時間をしっかりと覚えておく必要があります。
これも警察が捜査する際、あなたを第一容疑者とみて捜査します。
何時に入室したのか、どこを歩いてどこに触ったのかなどを
しっかり覚えておく必要があります。

第一容疑者から第一発見者となるには一つ一つ警察の疑問を
クリアーにしていかないと容疑がはれません。


ポイント3


入室した際に警察の捜査が終わるまでは中の物を
持ちだす事は絶対にやめてください。
持ちだしたと言う事が警察にしれると容疑者として
疑われます。

入室しただけでも指紋を取られ調書もとられ重い空気になり
気分も落ち込むのに室内にある物を持ちだしたと言うだけで
犯人にされかねませんのどここでは厳重注意です。

今回は、孤独死されているお部屋にどうしても入室しなければ
ならない理由がある場合の入室時の注意点を書いてみました。

一番良いのが、異変を察知したら警察や行政即通報した方が
一番良いのですがどうしても入室しなければならない人の為に
書いてみました。

孤独死は他人事ではないです。
多くの孤独死の原因が突然死が圧倒的に多いのです。
事例をあげれば心筋梗塞や大動脈瘤や大動脈解離などの
心臓系や血管系の突然死が6割から7割なのです。
残りがクモ膜下などの脳血管系の病気と続きます。

これは現代人の持つ持病その物だから誰に発症しても
おかしくないと言う事になるからです。

それではまたお会いしましょう。


 


青森県 ブログランキングへ


秋田県 ブログランキングへ


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

コメント


お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください
この記事の担当:花輪 隆俊

戦う特殊清掃士達のブログへようこそ!!
トータルプロデュース モコは青森県、岩手県、秋田県をはじめとする
東北6県において特殊清掃や遺品整理をおこなっています。
故人様やご依頼者様の心情を考えあえて悲惨な現場写真などは
ひかえつつ現代社会の闇と戦う特殊清掃士達の日々の業務を
ご紹介しています。
東北地方でも私共独自の消臭技術で孤独死などで住宅に染みついた
悪臭を完全消臭する技術で東北各地からご依頼を頂いています。
プライバシーを配慮し(故人様)日々の活動をブログで配信しています。
また、お困り事はお気軽にご相談ください。

バックナンバー

ページのトップへ戻る
お問い合わせ