トータルプロデュース モコ 遺品整理と特殊清掃 トータルプロデュース モコ 
0120-978-491

トータルプロデュース モコ ブログ

2019.09.17高齢独居女性宅の孤独死の特殊清掃 腐敗臭の復活編

カテゴリ:特殊清掃士

0


おはようございます^^

今朝の青森市の朝の空模様晴れかな~
現在の時刻午前4時40分です。

今朝は、スタッフ達は早出で今日から県南地域の
孤独死での特殊清掃現場に出張になります。
その為、私ものんきに寝てはいられません^^

副社長とスタッフ達をお見送りをして本日の現場の
注意点等を確認し合う為に早起き?
通常より少し早く起きたぐらいですがね(笑)

さて、本題に入りますが~
昨日までの高齢女性宅の孤独死での特殊清掃作業を
していました。
残置物を撤去し1回目の消臭剤を噴霧しほぼほゞ
腐敗臭も消臭されたと思いきや・・・・・

この時点ではまだ室内全てのハウスクリーニングも
終えてい無いので仕方がないのですが・・・・・
腐敗臭が復活してきました。

そのご室内全てをクリーニングをしました。
その様子の一部が上の写真です。
ブラシで細かい所は全て洗剤でブラッシングをして
その後、ポリッシャーにて入念にフローリングのクリーニングを
しました。

これでもか~と言うくらい床のクリーニングをしないと
腐敗臭が即復活してしまうからです。

警察の方や我々など体液や血液の広がった所を無意識のうちに
上がり歩きまわる為、臭いの元を室内中に広げてしまう。
この時、足の裏についた臭いの元を取るのが至難の技なのです。

この足の裏についた臭いの元がどこにあるのかを探し
全てを洗い流してはじめて消臭効果があるのです^^

 


上の写真が実際のポリッシャーにて床を洗ってる
写真になります。

フローリングには必ず溝があるのですがこの溝に
臭いの元が入り込みなかなか取れない為に
また、腐敗臭が復活する事がある。

このフローリングのクリーニングが重要なポイントの
一つでもあるのです。

そんなこんなでここまでクリーニングをしたのですが
昨日はさ~あ!!
終了だ~と言った瞬間にプ~んと室内全体が腐敗臭が
しだしたのです。

消臭剤を噴霧しても消臭しきれないと言う事は
ちょくちょく有るので同じ血液の腐敗臭でも
腐敗した成分のちょっとした違いで消臭剤の効果がある
無しがはっきりする。
なので消臭と言うのは奥が深いので面白い^^

 


今回は、最終的にはオゾン脱臭をして室内に染みこんだ
腐敗臭を消臭しました^^

スタッフ達は本日早出の為、私と副社長が現場に残り
オゾン脱臭作業をし最終仕上げをしました^^

最近は夕方の6時ともなれば真っ暗になるんですもんね~

さ~あ!!
本日からは64歳独居男性宅の孤独死での特殊清掃
作業がはじまります。
これまた暑い時期にお亡くなりになられていた為
頭皮も腐敗し溶け落ちているくらい腐敗が進んだ現場です。

先ほど、副社長と現場チームが県南地域に向かうのを
見送りました^^
私はと言うと、午前中に青森市教育委員会さまより
ご依頼を頂いている市民講座の講義が本日の午前中に
あるので、その講義を終了後、愛犬あんをペットホテルに
連れて行きその後スタッフ達と合流します^^

本日も真っ赤に燃えて頑張りますよ~^^

へばな~^^

 


青森県 ブログランキングへ


秋田県 ブログランキングへ


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

コメント


お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください
この記事の担当:花輪 隆俊

戦う特殊清掃士達のブログへようこそ!!
トータルプロデュース モコは青森県、岩手県、秋田県をはじめとする
東北6県において特殊清掃や遺品整理をおこなっています。
故人様やご依頼者様の心情を考えあえて悲惨な現場写真などは
ひかえつつ現代社会の闇と戦う特殊清掃士達の日々の業務を
ご紹介しています。
東北地方でも私共独自の消臭技術で孤独死などで住宅に染みついた
悪臭を完全消臭する技術で東北各地からご依頼を頂いています。
プライバシーを配慮し(故人様)日々の活動をブログで配信しています。
また、お困り事はお気軽にご相談ください。

バックナンバー

ページのトップへ戻る
お問い合わせ