トータルプロデュース モコ 遺品整理と特殊清掃 トータルプロデュース モコ 
0120-978-491

トータルプロデュース モコ ブログ

2019.10.01一日3現場は辛いですね~ 生前・遺品・特殊清掃編

カテゴリ:特殊清掃士

0


おはようございます^^

今朝の青森市の朝の空模様はまだ薄暗くて
分かりません^^
恐らく大きな天気の崩れはなさそうですよ。

さて、昨日の朝一番に生前整理の作業をしてまいりました。
体調が悪いにもかかわらず入院する直前にご自身で
今迄、住んでいた部屋の片づけを少しされて行かれたようです。

その写真が上の写真です。

彼女はどんな人生を送られてきたのでしょうね。
元々は私の住む街から車でおよそ20分位はなれた
小さな漁村で生まれ育ったようですよ。
彼女の身の上を良く知る方からうかがいました。

漁村に生まれ育った為、港に上がった新鮮な魚を街に
売り歩き生計を立てていたとも伺います。
結婚をして男の子を一人生まれ貧しいながらも
幸せに暮らしたとも伺いました。

一人息子がヤクザな道に進んだ時も彼女は一切止めることを
されなかったとも伺いました。
自分が信じた道ならとことんやりなさい!!
と言い送りだしたとも聞きます。

その一人息子も13年前に他界され今年、13回忌を行った
ともうかかいました。
彼女の中では、息子の13回忌まではと言う思いが強かった
ようです。

知人曰く、彼女が泣くなったら先に旅立たれた息子と
同じ合同墓へ入る事が念願の夢だったようです。
その様な彼女が長年住んだアパートの部屋をみんなで
片付け朝8時からスタートした作業も午前10時には
終了しました。

スタッフ1名を残して残りのスタッフ達は、津軽の豪邸の
最終日に向かいました。
5日間かけ仕分けた処分するごみを搬出し簡易清掃も
終わらせてごみを積むトラックの到着を待つばかりです^^

トラックが到着してみんなで仕分けたごみを積み込み
6日間の現場も全て終了した時です。

事務所から転送になったSOS電話が鳴り響きました。
電話を取り話を聞くと今月中旬から行う孤独死での特殊清掃
作業のご依頼者様からでした。
匂いがひどくアパートの住人から苦情が殺到していて
お隣の部屋の人は退去されたと、大家さんから一日も早く
何とかして欲しいと言うクレームが入ったので何とか
して欲しい~と言う悲痛な叫びでした。

急遽、2現場が同時に終わったので急いで独居男性の
孤独死されたお部屋へ全員でそれぞれの場所から急行しました。

ごみ屋敷状態の部屋の中で亡くなられ死後3週間前後で
発見されている。
しかも、ごみの上で亡くなっていた為、腐敗した血液やら
体液がごみに付着し臭いもさらにキツクなっている部屋です。

急いで残置物を袋詰めし亡くなられていた部屋の家財を
全て撤去し消臭剤を全室に噴霧して昨日は終了。
ほぼほゞ消臭はされていると思う。
本日は、マンションの一室のごみ部屋清掃が入っているので
昨日、消臭した現場は、現場責任者の藤森主任を一人で
作業を頼み、残りのスタッフ達はマンションの一室の
ごみ部屋清掃に向かいます。

や~あ~
昨日はグルグルめまいがするほど忙しかったですね~^^
それでも夕方の5時には3現場終了したのが幸いでした^^

さ~あ!!
本日も真っ赤に燃えてがんばってきますね^^

へばな~^^

 


青森県 ブログランキングへ


秋田県 ブログランキングへ


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

コメント


お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください
この記事の担当:花輪 隆俊

戦う特殊清掃士達のブログへようこそ!!
トータルプロデュース モコは青森県、岩手県、秋田県をはじめとする
東北6県において特殊清掃や遺品整理をおこなっています。
故人様やご依頼者様の心情を考えあえて悲惨な現場写真などは
ひかえつつ現代社会の闇と戦う特殊清掃士達の日々の業務を
ご紹介しています。
東北地方でも私共独自の消臭技術で孤独死などで住宅に染みついた
悪臭を完全消臭する技術で東北各地からご依頼を頂いています。
プライバシーを配慮し(故人様)日々の活動をブログで配信しています。
また、お困り事はお気軽にご相談ください。

バックナンバー

ページのトップへ戻る
お問い合わせ